高浜原発の立地・隣接自治体の首長らと意見交換する田中俊一委員長=6日、福井県高浜町薗部の高浜原子力防災センター

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は6日、福井県高浜町で開いた町民との意見交換会で、北朝鮮のミサイル問題と原発の安全対策に関連して「(原子炉より)東京のど真ん中に落とした方がいいんじゃないかと思う」と発言した。会合後の記者団の指摘に「適切ではなかった」と発言を取り消した。

 田中委員長は出席した町民から「北朝鮮からのミサイル対策はとっているのか」との質問に「ミサイル攻撃を想定した対策は立てていない。ミサイル攻撃があるということは戦争状態で、原子力規制の範囲を超えている」とした上で「仮にそういうことが起こったとしても、(新規制基準では)大型航空機落下対策があり、相当の対応はできる」と述べた。

 続けて「北朝鮮の技術がどの程度か分からないが、小さな原子炉にミサイルを落とすだけの精度があるかどうかよく分からない。私だったら、東京のど真ん中に落とした方がよっぽどいいんじゃないかと思う。まあ半分冗談ですけれども」と語った。

 記者団の指摘に田中委員長は「確かに適切ではなかった」と説明。「戦争状態に入ることは避けてほしい、原子力の平和利用は平和な国でないとできない、という意味で申し上げた」と弁明した。

関連記事
あわせて読みたい