福井地裁=福井市春山1丁目

 福井県内の20代女性宅に侵入、乱暴しけがを負わせたなどとして、住居侵入と強姦致傷、強制わいせつ、県迷惑防止条例違反(盗撮)の罪に問われた住所不定、無職釘本龍二被告(43)の裁判員裁判の公判が5日、福井地裁(渡邉史朗裁判長)であり、検察側が「極めて執拗で悪質」と懲役12年を求刑して結審した。

 公判では、強姦致傷の被害に遭った20代女性が、被害者参加制度を使って意見陳述した。襲われて死の恐怖を感じ「生きるために抵抗を諦めた」。涙で声を詰まらせ、感情を高ぶらせながら「私の人生を返して」と悲痛な叫びを繰り返した。

 女性は「初めて死を実感させられた」と切り出した。何とか抵抗しようとしたが力だけではあらがえず、シャワーヘッドを口に押し込まれ、水を口や鼻に入れられて息ができず、苦しく、意識が遠のいた。

 「生きるのを諦めかけたが、死ぬのが怖くなり、生きるために抵抗を諦めた。涙が止まらなかった」

 乱暴は「早く終わってほしかったが、終わってから殺されると思い、死にたくないから終わってほしくないとも思った。絶望的だった。怖かった」と振り返った。

関連記事
あわせて読みたい