吉田さんのヒラマサ魚拓

清水さんのヒラマサ

 越前海岸の地磯、防波堤はアオリイカ一色。早朝から多数の釣り人がエギングに励んでおり、胴長20センチ台の良型の釣果が多く聞かれる。

【沖合】小浜沖では、大型のマダイとアジが胴つきサビキで上がっている。

越前海岸

 地磯、防波堤はアオリイカ一色。早朝から多数の釣り人がエギングに励んでおり、胴長20センチ台の良型の釣果が多く聞かれる。

 チヌは雄島、長橋、大崎で35~45センチ。

 グレも左右や玉川で30~35センチが早朝や夕方に1人1~3匹。

 スズキは40~60センチが三国突堤で2、3匹。

 青物は長橋~大崎などで上がり、吉田修久さん(福井市)は左右の地磯で86センチの大型ヒラマサ。仕掛けはカゴ釣り。清水宏通さん(福井市)も25日に62センチをルアーでゲット。

福井新港

 アジは広範囲で絶好調。朝方を中心に15~25センチの良型が上がる。

 ルアーで狙うイナダは砂防、北防でまずまず。

 キジハタは30センチ級が北防、砂防で。

 チヌはサイズは小さいものの、数釣りが楽しめる日もあるという。

嶺南

 敦賀新港ではアジを筆頭に、タチウオ、アオリイカ、サンバソウが上々。

 フカセ釣りで狙うチヌ、グレは佐田などで好調。

 アジは高浜漁港、音海の波止場でも数が上がっている。小浜新港では15センチ前後のサヨリも交じる。

 泊、仏谷、若狭大島などの筏(いかだ)では25~30センチのチヌ。

河川

 落ちアユを捕食する良型のスズキは九頭竜川、竹田川、日野川、足羽川で釣果。九頭竜川は福井大橋~片川水門で40~80センチクラスが1~12匹。フローティング系の9~14センチのルアーが有効。

河川
スズキ
嶺南
アジ
アオリイカ
福井新港
アジ
越前海岸
ヒラマサ
アオリイカ
関連記事
あわせて読みたい