第99回全国高校野球選手権福井大会の組み合わせ

 第99回全国高校野球選手権福井大会の組み合わせ抽選会が5日、福井県生活学習館(福井市)で開かれ、出場30校の対戦カードが決まった。春のセンバツに出場した第2シード福井工大福井のゾーンに、強豪敦賀気比が入った。

 ⇒昨夏はノーシード北陸がV

 春季県大会の成績を基に啓新、福井工大福井、高志、坂井がシード校。抽選会では各校の主将が1人ずつ決意表明し、その後くじを引いていった。

 全体的にはノーシードの強豪校が分散した印象。第1シード啓新のゾーンには実績のある福井商業のほか、春季県大会8強の大野や、福井市長旗大会を制した科学技術が入った。福井工大福井のゾーンは敦賀気比が1回戦を突破した場合、2回戦で両校の激突となる。

 第3シード高志の初戦は敦賀。このゾーンには古豪若狭や、昨秋の県大会4強の羽水が入った。第4シード坂井は初戦で昨夏王者の北陸と対戦。同じゾーンには実力校の美方もいる。

 開会式は13日午後4時から福井県営球場(福井市)。高志の上田翔也主将が選手宣誓する。

 試合は福井フェニックススタジアム(福井市)、県営球場、敦賀市総合運動公園野球場を使用。15、16日に1回戦、17日は1、2回戦、21日に2回戦、22、23日に準々決勝がある。25日の準決勝、26日の決勝は県営球場で行われる。優勝校は全国高校野球選手権(8月7日から15日間・甲子園)に出場する。

 ■福井新聞D刊で全打席速報

 福井新聞社は、全国高校野球選手権福井大会の全試合、全打席を電子新聞「福井新聞D刊」と携帯サイト「福井新聞mobile」で速報する。

 会員登録が必要。D刊の速報サイト「fast」単独のプランでも閲覧できる。ホームページ「福井新聞ONLINE」ではイニング速報のみ公開する。

関連記事
あわせて読みたい