ほどんどの年代で男性が余っている

 これまで5000人を超える30〜40代の独身男性からさまざまな悩み相談を受けてきました。しかし、同世代の女性たちが「〇〇だから不安」「〇〇のリスクは避けたい」と具体的な悩みを打ち明けるのに対して、男性たちは「そろそろヤバイと思いました」という漠然とした不安を抱いているだけ。大半の独身男性は、「『何がどれくらいヤバイのか』自分でもよく分かっていない」のです。

 「仕事はそれなりにソツなくこなせるけど、恋愛・結婚はうまくいかない」
 「会社の女性社員とはうまく話せるけど、飲み会では女性との会話が盛り上がらない」
 「長いつき合いの友人はいるけど、あまり会えなくなって1人の時間が増えた」
 「まだ大きな病気やケガはしていないけど、ときどき胸や胃腸に違和感がある」

 このように「自分なりに楽しく暮らしているけど、何か引っかかるものがある」という心のモヤモヤが年月とともにジワジワと心身に蓄積されて、大きな不安になっていくのです。

 なかでも、彼らが最も不安を感じているのが結婚。「もう若くてかわいい子とは結婚できないのか?」「このまま結婚せず一生一人で生きていけるのか?」と頭の中で考えながらも、一歩踏み出すことができないまま、いたずらに年齢を重ねてしまう男性が少なくありません。彼らにとってどんなものが結婚の障害となっているのでしょうか。

 ■「男の30〜40代はまだ大丈夫」のうそ

 

 独身男性たちは結婚に関して、「女の30〜40代はキツイけど、男の30〜40代はまだ大丈夫」という楽観視をしがちですが、それは間違っています。「男は若い女のほうが好きだから」という発想から楽観視してしまうのですが、だからと言って男性のほうが結婚しやすいわけではありません。結婚市場における30〜40代男性は年齢以前の問題で、非常に厳しい状況下に置かれているのです。

 総務省統計局発表の人口推計(2016年6月1日現在)を見てみましょう。

 20〜59歳を5歳刻みで見ていくと、55〜59歳で女性が4万人多い以外は、どの年代も男性が2万〜19万人多いため、一夫一婦制の日本では必然的に余ってしまうのです。さらに注目すべきは、50代半ば以降は逆転して女性のほうが多くなること。これは疾病などで男性のほうが早く亡くなるからであり、もしあなたが「『一生に一度は結婚したい』と思っているのなら急いだほうがいい」でしょう。

 もう1つ注目してほしいのが2015年の国勢調査。これも20〜59歳の男女を対象に5歳刻みで「未婚」「配偶者有」「死別・離別」の割合を見ていくと、どの年代においても男性のほうが独身者の人数(未婚+死別・離別)も割合も、圧倒的に高いことが分かります。

■東洋経済オンラインの関連記事■

茨城県が1位!「ニッポン男余り現象」の正体
「逃げ恥」で話題の家事代行は共働きを救うか
「逃げ恥」「校閲ガール」心をつかむ3つの理由
■福井新聞ONLINEの関連記事■
イケメン高校生日本一に福井の17歳
47都道府県、男余りランキング
抜け毛を防ぐ洗髪方法