台風3号の予想進路(3日午後6時現在)

 台風3号は3日、東シナ海を北上した。4日朝には九州北部に接近し、上陸する可能性が高い。その後は四国や本州付近を東に進む見通しで、気象庁は、台風が接近する地域では大雨や強風、高波に警戒するよう呼び掛けている。

 福井地方気象台によると、福井県内には4日夜に最接近する見込みで、同日午後6時ごろから5日午前3時ごろにかけ、多いところで1時間に30ミリ以上の雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。

 梅雨前線の影響で台風接近前後も降り続くとみられ、奥越では降り始めからの総雨量が100ミリ前後になっているところもある。土砂災害や低地の浸水、河川の増水、竜巻など激しい突風に注意を求めている。

 福井県は3日、同気象台の担当者を交えた各部局の災害対策連絡調整会議を開き、市町などと情報を共有し、福祉施設や在宅の要配慮者に防災情報が確実に伝わるよう連絡体制の徹底などを確認した。

関連記事
あわせて読みたい