福井大学2018年度入試募集人員

 福井大学は26日、2018年度の入学者選抜要項を発表した。医学部医学科の推薦入試に設けている「福井健康推進枠」で、これまでは県内外を問わず10人程度を募集していたが、県外の高校出身者の受け入れを18年度から最大5人までにする。

 全体の入学定員は、教育学部100人、国際地域学部60人、医学部170人、工学部525人の計855人で、いずれも17年度と同じ予定。

 09年度から設けている同推進枠は、在学中の6年間、県の奨学金が貸与され、卒業後に県内の指定医療機関で臨床研修を含め9年間勤務すると返還が免除される。

 医学部医学科の入学定員は、国の緊急医師確保対策で暫定的に5人増員されており、同推進枠で受け入れていた。暫定措置が17年度で期限を迎えることから、県と福井大は延長を申請する方針。一方、国が医師確保の実効性を上げるために今後の増員分は地元出身者に限るよう求めており、同推進枠の要件を変更する。

 医学部医学科の推薦入試全体の募集人員は17年度と同じ30人で、同推進枠の変更に伴い、これまで現役生だけだった全国枠の対象に前年の既卒者を加える。

 また、工学部の2次試験後期日程で、機械・システム工学科、電気電子情報工学科、応用物理学科で行っていた「基礎物理・物理」と、建築・都市環境工学科で行っていた小論文を取りやめ、4学科とも「数1・数2・数3・数A・数B」に変更する。物質・生命化学科は口述試験を含む面接を継続する。これに伴い、大学入試センター試験と2次試験の数学、理科の配点を見直す。

 大学入試センター試験は来年1月13、14の両日、2次試験前期日程は2月25日(医学部は26日も実施)、後期日程は3月12日にある。福井大の入学者選抜要項は、大学の窓口やホームページから入手できる。問い合わせは同大文京キャンパス入試課=電話0776(27)9927。

関連記事