ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは28日、滋賀県の湖東スタジアムで滋賀ユナイテッドと対戦し、8―3で勝利。2戦目で後期初白星を飾った。次戦は30日、福井市の福井フェニックススタジアムで信濃グランセローズと対戦する。

福井
110 000 213…8
000 101 010…3
滋賀

 【評】福井は終盤に甲川稔の2ランで勝ち越し。四回途中からロングリリーフしたイム・テフンが2勝目を挙げた。

 打線は2―2の七回、2死二塁から甲川が勝ち越しとなる左越え本塁打を放った。九回は、3安打で1死満塁とし、荒道好貴の左前打で加点。さらに、内野ゴロと暴投で2点を奪い、突き放した。

 先発武田征也は四回途中1失点。継投したイムが4回1/3を投げ2失点の好投をみせた。八回は2死満塁とされ、角屋龍太が押し出し四球を与えたが、後続を切り最少失点で踏ん張った。

関連記事
あわせて読みたい