20代から始めても楽しくテニスはできます。

■20代からでも遅くない!

 「テニス」という響きに憧れて、経験もないのにお友達とテニスコートへ行った経験はありませんか? 打つ回数より球拾いの方が多くて、あきらめかけていませんか?

 テニス経験者は、必ず教室や部活などを経て、打てるようになっていくものです。そうでない方は、きっと素晴らしい才能をお持ちの方だと思います(笑) たとえ、20代を過ぎてからテニスを始めたとしても、決して遅くはありません。

 だからといって、テニスは「激しいスポーツだから無理」と思われている方が多いかと思いますが、本能的にラケットを持つと振りたくなるし、球が来れば自分なりに走って追いかけたくなるものです。ラケットにうまくあたらなくても、球に追いつかなくてもいいのです。一度でもうまく返せるとまた返そうと頑張ってみたくなり、続くようになると楽しさ倍増です。

 続けば、もちろん運動量が増えてきます。50Kgの女性が約10分間テニスをすると、約60kcal消費するとも聞きます。1時間すると360kcalの消費計算ですが、本当かどうかはお試しあれ! また、肺や心臓も強くなります。ちなみに私は病院に行って心拍数を計ってもらうと、必ず「スポーツをしていますか?」と聞かれます。心拍数は60以下。知らないうちに、どうやらスポーツ心臓を持っているようです。

■始める前に・・・準備4か条

 さて、テニスを始めたいと思われた方は、やはりどこかの教室に申し込んで、簡単な基礎だけでも習う事をお勧めいたします。
 
(1)どこかの教室に入ってみよう。電話帳などで調べてみては?
 大抵、8回コースが1クールの教室になっていることが多いです。自治体が主催している教室は結構安いです。公共のテニスコートに問い合わせてみましょう。民間の教室は、無料体験レッスンがあったりするので聞いてみましょう。