牧野百男・福井県鯖江市長をキャラクターにした無料通話アプリ「LINE」のスタンプ

 福井県鯖江市は、牧野百男市長をキャラクターにした無料通話アプリ「LINE(ライン)」のスタンプの販売を始めた。眼鏡や越前漆器など鯖江の魅力を紹介する40種類で“トップセールス”に努める。

 LINEの主な利用者層である若者に鯖江の魅力を発信する狙いで市職員がデザインした。ツツジに包まれながら牧野市長がレッサーパンダのキャラクターと一緒に「ようこそ鯖江へ」の看板を掲げるものや、一寸法師のように越前漆器のおわんに乗った姿など鯖江の名物を絡めている。

 40種類1セットで120円。収益は市の学生連携事業に活用する。

 また、市は双方向でメッセージのやりとりができる「1対1トーク」を公式アカウントで試験的に実施。市めがねのまちさばえ戦略室は「市のイベントや事業についての問い合わせに気軽に利用してもらえれば」としている。

関連記事