「い・ろ・は・す 塩れもん」

 北陸コカ・コーラボトリングは21日、福井県など北陸と甲信越で販売したペットボトル入り清涼飲料「い・ろ・は・す 塩れもん」(555ミリリットル)の一部にカビが混入していたとして、約31万2千本を自主回収すると発表した。

 飲料は19日に発売した新商品で、回収対象は砺波工場(富山県砺波市)で製造し、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野の6県の自販機や小売店で販売した商品。19日に客から異物が入っているとの連絡があり、調査したところ、毒性のないカビが混入していた。

 在庫や回収した商品数十本からもカビが見つかった。飲んでも健康に問題はないという。混入した原因は調査中。

 問い合わせは通話無料のコカ・コーラ製品回収事務局、電話(0120)360509。22日午前9時から受け付ける。

関連記事
あわせて読みたい