環境省は19日までに、新潟県佐渡市の野生で生まれ、抱卵が確認されていた国の特別天然記念物トキの1歳雌が抱卵をやめたと発表した。2歳未満のトキの抱卵が確認されたのは国内初で、ふ化するかどうかが注目されていた。

 環境省によると、ペアは1歳の雌と、2016年に放鳥された5歳の雄。4月27日に抱卵を確認、5月下旬ごろにふ化する予定だったが、今月14日、2羽とも巣におらず、抱卵をやめているのを確認した。

 野生で生まれた別の1歳雌と野生の雄のペアによる抱卵も5月に確認されていたが、既に抱卵をしていなかった。

関連記事
あわせて読みたい