稲垣・草なぎ・香取の契約終了に山口が言及

 人気グループTOKIOの山口達也(45)が19日、パーソナリティーを務める日本テレビ系『ZIP!』(月~金 前5:00)に出演。同日、SMAP元メンバー稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(40)が、期間満了となる9月8日をもってジャニーズ事務所との契約を終了すると発表されたことを受け、胸中を語った。

SMAPの作品一覧

 番組では冒頭からこの話題を取り上げ、山口は「9月まで(契約)期間残ってるのでその後のことはわかりませんけれども、これからも注目して応援していきたいなと思います」とコメントした。

 エンタメニュースのコーナーでも意見を求められた山口は「数時間前に(ニュースを)聞いたばかりなのでコメントしづらいんですけども」と前置きした上で、「メンバー内で話ができたのか、事務所と話ができたのか細かいこともわかりませんけれども、3人が決めたことならそうするしかない」と理解を示し「9月まではジャニーズの先輩として頑張ってほしいですね」と呼びかけていた。

 ジャニーズ事務所は3人の今後について「詳細固まり次第3名それぞれより報告させていただくことになるかと存じます。別々の道を歩むことにはなりますが、今後とも稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を、そして弊社所属タレントへご支援、ご声援のほどよろしくお願い申し上げます」と文書を通じ呼びかけた。

 事務所社長のジャニー喜多川氏もコメントで「昨年12月31日にSMAPの解散が決まり、私は5人がグループであっても個々であっても縁があったから今日に至ったと思い、今までと変わらず接してきました」と吐露。「このたび3名が自分たちの決意で異なる道を歩み始めますが、どこにいようとも、またどのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません」と3人の門出に心境を明かしている。

関連記事
あわせて読みたい