競技かるたのトップ選手が白熱した試合を繰り広げた全国女流選手権大会=18日、福井県あわら市の温泉旅館「清風荘」

 競技かるたの第49回全国女流選手権大会が18日、福井県あわら市の温泉旅館「清風荘」で開かれた。はかま姿の全国トップクラスの実力者たちが、畳上で華やかで熱い勝負を繰り広げた。日本一を決めるA級(四段以上)では同県越前市の岩堀聡美七段(福井渚会)が3位、同県勝山市の北内郁四段(同)が4位入賞を果たした。

 同大会のA級トーナメントはクイーン、全日本選手権大会、全国選抜大会と並ぶ女流4大タイトルの一つで、県内開催は99年の武生市(現・越前市)以来2回目。例年12月に京都市の時雨殿で開かれるが、今年は改修工事のため、福井県かるた協会とあわら市が誘致し、実現した。

 今回はA級、B級(二、三段)、C級(初段)の3部門に過去最多の296人が参加。坪田翼前クイーン(東京東会)や全日本選手権大会で5回優勝を果たした山下恵令六段(東京明静会)のほか、小学生から70代の選手が全国から集まった。

 “かるた王国”福井からは62人が出場。この日に照準を合わせて集中力を高めてきた岩堀七段は、永世クイーンの渡辺令恵八段(相模女子大かるた会)と坪田前クイーンを破ったものの、準決勝で山下六段に敗れた。A級は山下六段が2回目の優勝を飾った。

 
関連記事