スターターを務めたはるな愛さんに応援されながら、走り出すランナーたち=18日、福井県坂井市の芝政ワールド内特設コース

 第5回FBCリレーマラソンin芝政は18日、福井県坂井市の芝政ワールド内特設コースで開かれた。懸命にたすきをつなぎ、家族や仲間との絆を強めた。

 県内外から721チーム、6448人がエントリーした。起伏に富んだ1周約1・8キロのコースを使い、2~20人で走るフルマラソンの部(42・195キロ)、2~10人で走るハーフマラソンの部(21・0975キロ)、タイムを気にせず1周走るファミリーランの部の計3部門に分かれて行った。

 ランナーは心地よい浜風を受けながら力走。応援席からの歓声を背に「頼んだよ」と、仲間にたすきをつないでいた。結婚祝いを兼ねて、バドミントン仲間10人で出場した松浦亮太さん(31)=同県勝山市=は「みんなで達成感を味わえて楽しかった」と話し、石川大輔さん(28)=同=は「広いコースで気持ちよかった」と笑顔を見せた。

 ゲストランナーとして、タレントのはるな愛さんが参加。ステージ披露も行い、会場を盛り上げていた。

関連記事