福井―石川 二塁を踏ませない投球で6回まで抑えた福井先発の浜田俊之=福井フェニックススタジアム

 ルートインBCリーグ、西地区3位の福井ミラクルエレファンツは17日、福井フェニックススタジアムで石川ミリオンスターズと前期最終戦を戦い、9-0で勝利した。前期優勝へのマジックナンバー「1」を点灯させていた首位富山が滋賀に16-1で勝利し、優勝を決めた。

 福井は前期全日程の35試合を消化。通算成績は19勝14敗2分けで、現時点で西地区3位。

 後期は23日からスタート。福井の初戦は24日、三国運動公園野球場で滋賀ユナイテッドと対戦する。

石川

000000000…0

004500000…9

福井

 【評】福井は先発全員の11安打。先発浜田俊之は6回を散発の3安打に抑える好投をみせ、完封リレーで石川をねじ伏せた。

 打線は三回、片山雄哉の二塁打と栗田茂樹の適時打で先制すると、さらに大松陽平の2点適時打などで計4点を挙げた。4-0の四回は小野瀬将紀の適時三塁打など打者一巡の猛攻で5点を加え、突き放した。

 先発浜田は二塁すら踏ませない圧巻の投球。継投した内藤久文、角屋龍太、藤岡雅俊も打者3人ずつで抑え、相手打線に隙を与えなかった。

関連記事
あわせて読みたい