18日に投開票されるあわら市議選の立候補者ポスター=15日、福井県あわら市

 18日投開票の福井県あわら市議会議員選挙は終盤戦を迎えた。18議席をめぐり22人がしのぎを削る。特に現職、新人合わせて9人が立候補した中心市街地の金津地区では混戦の様相で、激しい票の奪い合いになっている。

 現職17人、新人5人が立候補。党派別では共産と公明が1人ずつで、20人は無所属。女性候補は2人。地域別では旧金津町から17人、旧芦原町から5人が出馬している。

 旧金津町から出馬の内訳は、新人5人、現職12人で、市街地を中心に激しい選挙戦を展開している。「だんご状態」「票読みは難しい」とする候補が多く、地盤を固めつつ候補のいない地域や旧芦原町まで食い込んで支持を集める。新興住宅地で「考えを訴えて票を重ねたい」との陣営も多い。

 旧芦原町からの5人はすべて現職で、地元や推薦団体などから着々と票を集めている。旧金津町と比べ「盛り上がりが少ない感じがする、投票率が不安」とする候補者もおり、「決して安泰ではない」と他地域へ支持拡大を狙う。

 今回は女性2人が立候補しており「女性票がどう分かれるか全く読めない」との声もあった。

 現職が出馬せず草刈り場となっている旧金津町伊井地区(有権者約1370人)、旧芦原町波松地区(同約570人)に力を入れる候補者が多く、連日複数の選挙カーが回っている。

 大きな争点がないことなどから、投票率は過去最低となった前回の70・61%並みか下回る予想をする候補者が多い。当選ラインは600票か、若干下回ると見る候補者が大勢だ。

 >> 18日、HPで開票速報を実施

 福井新聞社は、あわら市議選の開票速報をホームページ「福井新聞ONLINE」と電子新聞「D刊」、携帯サイト「福井新聞mobile」で行います。

 

 ■あわら市議選立候補者

 届け出順。略歴は現職、経歴(かっこ内)、最終学歴、現住所の順。年齢は投票日現在。公=公明、共=共産、無=無所属。現=現職、新= 新人。かっこ内の数字は当選回数。

山口 志代治
(やまぐち しよじ)
68 無新
農業、坪江剱岳土地改良区理事長、新潟大卒、東山
笹原 幸信
(ささはら ゆきのぶ)
69 無現(3)
農業、(議長)、大阪経大卒、上番
吉田 太一
(よしだ たいち)
61 無現(2)
自営業、坂井地区広域連合議会副議長、北陸高卒、大溝2
山川 知一郎
(やまかわ ともいちろう)
73 共現(3)
農業、原水爆禁止県協代表理事、福井大卒、後山
角谷 光昭
(かどや みつあき)
35 無新
無職、丸岡高中退、市姫2
三上 薫
(みかみ かおる)
71 無現(2)
農業、副議長、福井農高卒、熊坂
室谷 陽一郎
(むろたに よういちろう)
64 無新
無職、福井大卒、花乃杜4
濱中 慎一
(はまなか しんいち)
54 無新
自営業、市サッカー協会副理事、東海大中退、春宮1
北島 登
(きたじま のぼる)
47 無現(4)
建設業、坂井農高卒、大溝2
平野 時夫
(ひらの ときお)
67 公現(1)
無職、勝山高卒、市姫1
杉田 剛
(すぎた つよし)
82 無現(4)
牛乳販売業、金津中卒、春宮3
堀田 あけみ
(ほりた あけみ)
64 無新
会社役員、市文協副会長、福井商高卒、春宮2
毛利 純雄
(もうり すみお)
68 無現(1)
農業、芦原北潟土地改良区理事、坂井農高卒、蓮ケ浦
坪田 正武
(つぼた まさたけ)
74 無現(4)
無職、議長、福井実業高卒、山室
向山 信博
(むかいやま のぶひろ)
70 無現(4)
無職、市野球連盟会長、高志高卒、中川
仁佐 一三
(にざ かずみ)
71 無現(1)
無職、北潟中卒、北潟
八木 秀雄
(やぎ ひでお)
68 無現(3)
自営業、市ゲートボール協会長、福井工大卒、舟津
卯目 ひろみ
(うめ ひろみ)
68 無現(4)
無職、市連合婦人会長、三国高卒、二面
山田 重喜
(やまだ しげき)
69 無現(2)
農業、環境対策調査特別委員長、坂井農高卒、北疋田
杉本 隆洋
(すぎもと たかひろ)
69 無現(2)
無職、市ソフトボール協会長、高志高卒、田中々
森 之嗣
(もり ゆきつぐ)
64 無現(2)
自営業、あわら交通安全協会理事、同志社大卒、春宮2
山本 篤
(やまもと あつし)
59 無現(1)
歯科技工士、総務文教常任委員長、愛歯技工専門学校卒、吉崎

 

関連記事
あわせて読みたい