水しぶきを上げてはしゃぐ児童たち=14日、福井市本郷小

 待ちに待った僕らの夏―。福井市本郷小で14日、プール開きがあった。青空の下、水しぶきの音と児童の歓声が響きわたった。

 市内の小中学校のプール開きは、13日の足羽、西藤島小を皮切りに順次行われている。

 この日は5、6年生17人が昼前に始まった授業でプールに入り、「きゃー」「冷たい」と大はしゃぎ。泳いで競い合ったり、水を掛け合ったりして楽しんだ。

 14日の福井市の最高気温は23・4度で、平年を2・6度下回る5月下旬並み。プールから上がった児童は、少し肌寒そうに肩をすぼめていた。

 5年生の男子児童は「少し寒かったけど水の中は気持ちよかった」と笑顔で話していた。

 
関連記事
あわせて読みたい