正木組銃撃事件で野坂被告の判決公判が開かれた1号法廷=12日、福井地裁(代表撮影)

 福井県敦賀市にある指定暴力団神戸山口組系の暴力団正木組事務所などに昨年2月、銃弾が撃ち込まれた事件で、実行犯と共謀したとして銃刀法違反(発射、加重所持)の罪に問われた指定暴力団山口組系中西組幹部で傘下組織組長の福井市、無職野坂利文被告(50)の判決公判が12日、福井地裁であった。渡邉史朗裁判長は検察側の主張を全面的に認め、懲役7年(求刑懲役9年)を言い渡した。発射の共謀を否認していた弁護側は、判決を不服として即日控訴した。

 争点となっていた、実行犯の中西組傘下組員の大阪市、山本敏行被告(39)=同罪で懲役6年6月判決、控訴中=との発射の共謀について、判決理由では「神戸山口組に報復する者を募る趣旨の発言をし、拳銃発射を決意した山本被告に賛同し、犯行に必要不可欠な拳銃を調達した」と指摘。「積極的に協力したことから、発射は自身の犯行でもあると評価できる」「山本被告と比べて決して遜色のない強い非難に値する」と述べた。

 暴力団同士の対立抗争に端を発した反社会的な事件と非難し「暴力団(正木組)組員や周辺住民の生命・身体に重大な危害を及ぼしかねない危険な犯行だった。地域に大きな不安を与えた」と指摘。真摯(しんし)な反省や暴力団を離脱する意思がみられず、更正する可能性は低いとした。

 判決によると、野坂被告は、山本被告と共謀し昨年2月23日、正木組事務所や隣接する駐車場に止まっていた車に向け銃弾5発を発射、拳銃1丁と実弾10発を所持した。

関連記事
あわせて読みたい