足羽川第2橋梁を渡るハチロクの貨物列車。 牽引している機関車は、お召し列車を牽引 した28651号機である。(1971年6月撮影)

当時、ハチロクが渡った同じ場所を、 越美北線運転再開を記念して運転 された「おくえつ号」が行く。 (2007年6月30日撮影)

■紆余曲折 越美北線計画

平成19年6月30日、未曾有の水害を受けながら奇跡とも言える復活・運転再開を遂げた越美北線。まずは、JR西日本・福井県をはじめ関係者各位の並々ならぬ努力と熱意に心から敬意を表したいと思います。

さて、運転再開を果たした越美北線。その名前が歴史に登場するのは、意外に古く1921(大正10)年のこと。高山本線の美濃太田から長良川沿いに北上し、白鳥から油坂峠を越えて大野・福井を結ぶ、太平洋側・日本海側連絡鉄道「越美線」として計画されました。 

全通するまで福井県側は「越美北線」、岐阜県側は「越美南線」と呼ぶことになりました。そして、1922(大正11)年に着工。しかし実際に工事が進められたのは、岐阜県側のみ。越美北線は計画だけで工事の槌音が響くことはありませんした。

■着工したものの・・・ 20年間放置

1934(昭和9)年8月16日、越美南線の美濃太田-北濃が開通! 福井県側未着工のままで、越美北線はまさに「絵に描いた餅」状態でした。この状況に業を煮やした沿線関係者は1934(昭和9)年に建設期成同盟を結成しアピールした結果、ようやく1935(昭和10)年から、越前花堂―越前大野で工事が開始されました。

しかし! 1937(昭和12)年に日中戦争が勃発すると物資が不足し、もうレールを敷けは開通!という状態になっていながら、1939(昭和14)年9月に工事の中断してしまったのでした。

第2次世界大戦後、国鉄は戦禍を受けた鉄道輸送の再興のため動き出しましたが、越美北線の計画は陽の目を見ることはなく、20年以上も放置されたままになっていました。

■悲願の開通、そして貨物輸送に大活躍!!

我が町に鉄道を通し、全国とレールで結ばれたいという沿線住民の熱い思いが再結晶したのは、1950(昭和25)年のこと。開通期成同盟が結成され再三要請を繰り返した結果、1956(昭和31年)になって、当初計画を勝原まで延長し、越前花堂-勝原で再び工事が開始されました。

関連記事
あわせて読みたい