女子シングルスカルで優勝した新田明美=熊本県菊池市斑蛇口湖ボート場

女子シングルスカルで準優勝した磴梨菜=熊本県菊池市斑蛇口湖ボート場

 ボートのU-19(19歳以下)日本代表選考会を兼ねたJOCジュニア五輪杯全日本ジュニア選手権最終日は11日、熊本県菊池市斑蛇口湖ボート場(2000メートル)で男女シングルスカル決勝などを行った。女子のA決勝(1-3位決定戦)で美方高の新田明美が8分13秒70で優勝、同校の磴梨菜(いしばし・りな)が8分15秒65で準優勝し、福井県勢がワンツーフィニッシュを飾った。

 新田、磴に加え、男子シングルスカル6位の河畑晴斗(同)、同7位の兼康慎(敦賀工業高)の男女4人が日本代表に内定。10月にシンガポールで開かれるアジアジュニア選手権に派遣される。

関連記事
あわせて読みたい