信濃―福井 3回福井無死三塁、先制の適時打を放つ栗田茂樹=長野県中野市営野球場

 ルートインBCリーグ、西地区3位の福井ミラクルエレファンツは11日、長野県の中野市営野球場で2位の信濃グランセローズと戦い、12―4で勝利。今季初の4連勝を飾った。前期残り2試合で、通算18勝13敗2分け。首位富山にマジック「2」がついた。次戦は16日、滋賀県の湖東スタジアムで滋賀ユナイテッドと対戦する。

福井
003 060 012…12
000 210 010…4
信濃

 【評】福井は五回、打者一巡の猛攻で一挙6得点。終盤まで攻撃の手を緩めず、大勝した。

 打線は三回、先頭片山雄哉が二塁打で出塁し、栗田茂樹の適時二塁打で先制。3―2の五回は、2死一塁から大松陽平が2ランを放つと、浜崎裕太も本塁打で続いた。さらに、栗田の2点適時打など計6点を奪った。八回は、栗田のソロで加点。九回にも2得点を奪い攻め続けた。

 先発浜田俊之は5回を投げ3失点。六回からイム・テフン、角屋龍太、藤岡雅俊と継投し、ソロ本塁打による1失点でしのいだ。

関連記事
あわせて読みたい