福井県高野連は9日、福井市の足羽高で理事会を開き、今夏の第99回全国高校野球選手権福井大会の日程を決めた。7月13日に福井市の県営球場で開会式があり、1回戦は同15日に始まる。順調に進めば、同26日に県営球場で決勝が行われる。

 昨年と同じ30校が出場。組み合わせ抽選会は7月5日午後3時から、福井市の県生活学習館である。春の県大会4強入りした啓新、福井工大福井、高志、坂井の順で第1~4シード校となる。

 大会は福井市の福井フェニックススタジアム、県営球場、敦賀市総合運動公園野球場の3会場を使用。開会式は同13日午後4時から県営球場で行われ、高志の上田翔也主将が選手宣誓する。

 同15、16日に1回戦、17日は1、2回戦、21日に2回戦、22、23日は準々決勝がある。休養日を挟み、25日の準決勝、26日の決勝は県営球場で行われる。優勝校は全国高校野球選手権(8月7日から15日間・甲子園)に出場する。

 全国地方大会の日程も発表され、トップを切って沖縄で17日に開幕する。順調に日程を消化すれば、7月16日に沖縄で最初の代表校が決まり、30日の宮城、西東京、大阪で全代表校が出そろう。

関連記事
あわせて読みたい