ミス・ユニバース・ジャパン日本大会への意気込みを話す福井県代表の高井さん=8日、福井新聞社

 2017ミス・ユニバース・ジャパンの福井県代表の高井麻由果さん(20)が8日、福井新聞社を訪れ、7月に都内である日本大会に向け「緊張が一番の敵。自然な笑顔で臨みたい」と抱負を語った。

 高井さんとミス・ユニバース・ジャパン福井エリア統括マネージャーの佐々木祐司さんら3人が、熊野隆夫常務と懇談した。

 高井さんは越前市出身で、現在は石川県の大学に通っている。昨年10月に大阪府で行われたオーディションで福井県代表に選ばれた。

 高井さんは日本大会審査について「姿勢、笑顔、歩き方、スピーチ内容などさまざまな面を厳しくチェックされる」と説明。「高校時代にバレーボールで鍛えた精神力、忍耐力が強み。スピーチでは大学で学んでいる保育関係の話も盛り込んで自分をアピールしたい」と話していた。

 日本大会は7月4日に東京のホテル椿山荘東京であり、地方大会を勝ち抜いた46人が出場予定。日本代表に選ばれると来年1月の世界大会に出場する。

関連記事
あわせて読みたい