ファッションも楽しみながら 夏休みはテニスを・・・・

最新のバッグは、ますます オシャレに!

(6)男性用シャツ
襟無しも認められるようになって来て、女性物に劣らず素敵なウェアがたくさんあります。

(7)Tシャツ
公式試合では着用を認められていませんが、練習や普段着に愛されるTシャツ。可愛いタイプからクールなタイプまで数知れず。値段もお手頃です。

(8)七分丈パンツ
カプリパンツ・バミューダショーツとも呼ばれ、すっきり爽やかにはけるパンツとして流行中です。夏場の練習や移動用に使い、トレパンのイメージから外れているので普段着としてはいている方も多いようですね。今、私のお気に入りの1つです。

《帽子》

夏場のテニスには帽子類は欠かせません。直射日光と激しい動きで日射病や過呼吸にならないよう、帽子の着用はお奨めします。一般的には「キャップ」タイプが幅広く愛されているようです。しかしここ数年、特にシャラポアが現れてからかと感じますが「サンバイザー」タイプも急上昇。

女性だけで無く、男性や他のスポーツでもよく見かけます。最近ではゴルフの石川遼君も愛用してますね。私も愛用中!!性別を問わず爽やかな印象を与えるようです。

《テニスバック》

試合に頻繁に参加する様な人なら、誰でも持っている「テニストーナメントバック」。
試合当日は必ず、ラケット(数本持参する人も)とシューズ、着替えウェア・下着・靴下数点とタオル等、たくさんの物が入る優れものです。

しかし、日頃練習や遊び感覚で、ラケットと簡単な着替えとタオル位が入る移動にお手軽バックは、ここ数年進化し続けています。

リュックタイプ→トートタイプ→最新タイプのボストンバックタイプ(写真1)
トーナメントバックと違い、テニス以外のスポーツには勿論、カジュアルな普段着にも合い、旅行もOK。ボストンタイプは形もテニスらしくありませんが、生地はデニムを使用しています。ナイロン系ではないので充分スポーツ以外にもOKですね。テニスショップに行けば、ちょっとオシャレかも♪ きゃぁ~このバックかわいぃ!と、ついつい手にしてしましす。毎年その年の流行色を使いながら形をも大きく変化していくバック達です。

*******************************

スポーツは世界共通です。特にテニスで普段使う用語「サーブ・リターン・ストローク・イン・アウト」等やゲームカウントは英語ではありませんか? このモデル達はイギリス人。日常会話に自信がなくても共通のテニスで「そのウェアグットね!」とか「ウィンブルドン見た?」とかジェスチャーとカタカナ英語が混じるだけで理解しあえます。もちろんゲームをするには全然困りません。インターナショナルになれるチャンスかも?

最後に「ウェアに憧れてテニス!」の道も決して間違っていないと思います。お気に入りのウェアが似合うようにダイエットを意識したり、ウェアに負けない技術を磨いたり、着るだけでポジティブな自分になれるかも? テニスウェアはどのスポーツウェアより万人に愛されるウェアだと私は自負しております。

(協力・テニスプロショップ「グランチャ」

関連記事
あわせて読みたい