第二回食育推進全国大会(内閣府、県主催)二日目は十日、主要イベントの「全国高校生食育王選手権大会」がサンドーム福井で開かれ、高校生食育王の初代チャンピオンに武生東の「ORANGE DAYS」が輝いた。食育先進地・福井をアピールした全国大会は、福井食育宣言を採択し、閉幕した。

 全国高校生食育王選手権大会は、食の知識や調理技術を競うことで、食への関心を高めようと初めて開かれた。全国二百十五チームによるWEB予選を突破した県勢五チームを含む十二チームが出場。「日本の朝ごはん」を課題に独自の漬物やみそ汁、創作メニューを提案したほか、アジのさばき、四択クイズなどに挑戦した。


 「ORANGE DAYS」は、呉汁など郷土料理をヒントに創作メニューを披露し、初代王座に輝いた。


 展示や実演、講演などを通じて「福井の食」を発信した全国大会には、二日間で約一万七千三百人が来場。閉幕に当たり、坂井市の高間雪雄さん一家ら三世代同居の四家族が「福井から、健康長寿につながる食育の輪を全国に広げていきます」との福井食育宣言を行った。

関連記事