「駅前よ 宣戦布告だ」と書かれたエルパのポスター。布告を受けたエキマエモールの礼文が右上に張られている=8日、福井市のハピリン

「Lpaさん手加減しましょうか?」と書かれたポスター。その上からはエルパからの挑発的な礼文が張られている=8日、福井市のエルパ

 福井市の中心市街地と郊外のエルパで「仁義なき戦い」が勃発?-。JR福井駅西口の商店街など駅周辺エリア全体で共同販促に取り組む団体「エキマエモール」とエルパが短文投稿サイト「ツイッター」で挑発合戦を繰り広げ注目を集めている。数日前には、互いに“敵地”に乗り込み、宣戦布告するポスターを張り出すなど、戦いはネットから現実世界に拡大。買い物客は困惑気味だが「何だか面白そう」と両者の応酬を見守っている。

 ツイッターでは、エキマエモールの公式アカウントが5、6月にかけて「郊外にはスクランブル交差点などなかろう」などと、エルパを挑発。エルパの公式アカウントも「こんなしょぼいスクランブル交差点ならいらないし」と、すかさず反論するなどヒートアップしている。

 数日前には「駅前よ 宣戦布告だ」と書かれたエルパのピンク色のポスターが駅周辺エリアの複数の場所に張り出された。すると、今度はエルパの出入り口に「Lpaさん 手加減しましょうか?」とあおり文句が書かれたエキマエモールの黒いポスターが登場した。それぞれのポスターの上には、互いを小ばかにしているとも受け取れる礼文が張られている。

 エルパに買い物に来た福井県永平寺町の女性(65)は「インパクトが強いポスター。何が起きているのか分からずびっくり」と首をかしげる。ハピリンでポスターに目を留めたあわら市の女性(69)は「よく分からないが面白い。駅周辺に客を取られて、エルパが焦っているのかな」と話していた。

 エキマエモールとエルパは取材に対し「お答えできることはない」と沈黙を守っているが、挑発し合いながら互いをPRし、双方の買い物客増加に結びつけるのが狙いのようだ。

関連記事
あわせて読みたい