上武大―福井工大 7回途中から登板し力投した福井工大の近藤洸=神宮

 【全日本大学野球2回戦・上武大5―4福井工大】

 渾身(こんしん)の速球だった。だが、福井工大の左腕近藤洸が放ったボールは吸い込まれるように真ん中へ。直後、快音。そして、割れんばかりの大声援。鋭い打球は左前で弾み、一気に2走者が生還した。

 1死満塁から始まる延長十回タイブレーク。その1人目、3番鳥巣誉議に投じた2球目だった。「何とかゼロで抑えようと思ったのに。失投。僕のミス」(近藤)。悔やみきれない1球が決勝点となった。昨年に続く延長十回、1点差の惜敗。あと一歩のところで、またも打倒上武は夢と散った。

 前半の劣勢をよくはね返した。終盤に3点差を同点。そして十回、樋口拓真の執念の内野安打で1点差まで迫った。「なんとか食らいつく、うちの学生らしい粘り」。下野博樹監督も誇ったこの「粘り」を生んだのは、他ならぬ近藤の熱投だろう。

 0―3の七回、1死二塁から登板。対するは1番島田海吏。大学日本代表の好打者に真っ向から挑んだ。直球、直球で押し、最後は外角球で空振り。「狙いにいった。三振を奪って勢いづけたかった」。左腕の力投に応えるようにその裏、不振だった芳野了哉が2点適時打。そして八回、2死から樋口が適時打を放ち試合を振り出しに戻した。

 リベンジはならなかった。だが、芳野は晴れ晴れとした表情で言う。「チームが一つになれた」と。近藤は「楽しいマウンドだった」とはっきりと言った。1年分の思いを込めた一戦で、悔しさと達成感を味わった。

関連記事
あわせて読みたい