福井工大福井―東海大諏訪 3回表福井工大福井2死一、二塁、藤中一真が先制の中前適時打を放つ=三条パール金属スタジアム

 第136回春季北信越地区高校野球大会は3日、新潟県内2会場で1回戦を実施。三条パール金属スタジアム第2試合、福井工大福井(福井2位)は2―3で東海大諏訪(長野2位)に競り負け、準々決勝進出はならなかった。

福井工大福井
001 000 100…2
000 020 10X…3
東海大諏訪

■福井工大福井 氏家拓海―島谷元貴
■東海大諏訪 宮本龍成―池田竜太朗

 福井工大福井は三回、2死一二塁から5番藤中一真が中前適時打を放ち1点を先制。1―2と逆転を許し、迎えた七回は2死三塁から川村翔の中前適時打で同点に追い付いた。しかし、その裏に1点を勝ち越され競り負けた。

 先発氏家拓海は立ち上がりを無失点に抑えたものの四球絡みで失点を喫した。

 東海大諏訪は2―2の七回、代打中野直哉の適時打で1点を勝ち越した。先発宮本龍成が八、九回を無失点に抑え逃げ切った。

 東海大諏訪は4日の第2試合で日本文理(新潟1位)と対戦する。(ハードオフエコスタジアム新潟、午後0時半開始予定)

 ハードオフエコスタジアム新潟の第2試合は中越(新潟2位)が砺波工業(富山2位)を6―4で下し、三条パール金属スタジアム第1試合は星稜(石川2位)が新潟明訓(新潟3位)を7―0の7回コールドで下した。

関連記事