福井県のHPに掲載されている高柳高架橋の現場写真=2016年5月、福井市高柳1丁目

福井県のHPに掲載されている高柳高架橋の現場写真=2017年4月、福井市高柳1丁目

 2023年春の北陸新幹線敦賀開業に向けて福井県内の機運を盛り上げようと、県は新幹線工事の様子をホームページ(HP)で紹介している。福井市とあわら市の3カ所で高架橋と架橋の工事を定点撮影し、スライドショーで進捗(しんちょく)を確認することができる。今後、次々と着工していく工事現場を加え、計17カ所を取り上げることにしている。

 HPでの写真紹介は26日に始めた。第1弾として▽竹田川への架橋(あわら市)▽九頭竜川橋・高架橋(福井市)▽高柳高架橋(同)―の3カ所を取り上げた。竹田川への架橋と九頭竜川橋・高架橋は昨年10月と今年4月の2枚、高柳高架橋は昨年5月と今年1、4月の3枚を載せた。


 これらの写真を編集したスライドショーも併せて掲載している。着工前の何もない状況から巨大な橋脚などが立ち上がり、景色が変わる様子を楽しめるよう工夫した。工事の進み具合に合わせ、約3カ月ごとに写真を追加する。


 今後掲載する予定の工事現場は、坂井市内の変電所や越前市内の保守基地、敦賀市内の敦賀車両基地など14カ所。県新幹線建設推進課は「工事が進み次第、随時掲載していきたい」としている。


 県は、北陸新幹線の情報を紹介するリーフレット「北陸新幹線レポート~響くつち音、広がる未来」も5月に発刊した。豊北欽一県総合政策部長は「県民の皆さんに、約6年後には新幹線が県内を走ることを知ってもらうための活動に力を入れていきたい」と話している。

関連記事
あわせて読みたい