ルートインBCリーグの福井ミラクルエレファンツは27日、滋賀県の甲賀市民スタジアムで滋賀ユナイテッドと戦い、3―13で敗れた。通算12勝12敗2分けで、西地区3位に転落した。次戦は28日、金沢市民野球場で石川ミリオンスターズと対戦する。

福井

300 000 000…3

080 010 40×…13

滋賀 

 【評】福井は序盤で投手陣が崩壊。14被安打で13失点と打ち込まれ、大敗を喫した。

 先発イム・テフンは二回、先頭ケビン・モスキートにソロを献上。さらに無死満塁を招くと、押し出し死球を与え降板。継投した楊鑄真も3本の適時打を浴び、この回計8失点した。七回には打者9人の攻撃で4失点。勢いに乗る滋賀打線を止められなかった。

 打線は初回、無死一、二塁から高柳翔宇が2点二塁打、大松陽平が中前適時打を放ち3点を先行。だが、二回以降は4安打で無得点に終わった。

関連記事