スキーヤー、ボーダーにとっては 楽しい季節が到来!

新潟県では雪が激しく降っているときやその前後に鳴る雷のことを「雪おこし」といって大雪の兆しと言われています。富山湾では、初冬の雷が鰤を誘い出すところから「ぶりお越し」と言います。

今年の冬(立冬以降)に入ってからの気象の特徴は、降水量や日照時間は平年並みですが、雷の多いことです。

発雷日数を見ますと、11月は6回で平年の約2倍、12月は上・中旬だけで10回になり、平年に比べて約2倍になっています。大陸から寒気が入ってきて大気が不安定になると発雷の可能性が大きいのです。発雷日の輪島※上空500hPa(ヘクトパスカル)、約5000メートルの気温はほぼ-30℃以下です。

発雷回数が多いのは、短い周期で規模の小さい寒気が入ってきているからです。夏と冬の雷雲は構造が異なります、夏は山岳地帯の地上の空気が温められ、上空には冬ほどではありませんが寒気があり、大気が不安定になると、入道雲が発達して成層圏(1万メートル以上)まで達し、上部はカナトコ状に横へ広がります。

その下では強い雷雨となりアラレやヒョウの混じることがあります。雲は垂直に発達するのです。一方、冬は大陸からの乾燥した寒気が温暖な日本海の海面(12月中旬日本海中部は約10℃)から大量の水蒸気を補給して雲が出来ます、高気圧の圏内で出来る雲は上空には伸びません。500hPaから上層は、下が冷たく上が暖かい安定層になっているからです。雲頂は5000メートル位です。

冬の発雷は、夏に比べて低い位置で横長に放電しますので、電光と雷鳴の間隔は短く、雷鳴も長く聞こえます。低い位置ですから雷鳴は夏のように遠方まで届きません。

お隣の金沢市は福井より20~30%雷の多いところです。加賀平野は海に向かって間口が広く海上から雷雲が障害物なしで上陸してくるからでしょう。また富山市は西に能登半島があり、ブロックされるので福井より40%少なくなっています。500hPaの気温と降雪の目安は、-27℃以下ならば雨ではなく雪が降り、-35℃以下では大雪になり、-40℃以下では豪雪になる可能性が高いのです。

北半球天気図で見ますと年末から年始にかけて強い寒気が入るようです。冬本番です。週間予報を活用して遅れをとらないようにしましょう。週間予報の精度は、発表日から4日までは高い信頼度。5日以降は並か低い信頼度と気象庁は言っています。参考にしてください。

※気象庁は、北は稚内から南は石垣島まで全国に18カ所で高層気象観測を行っています。さらに4隻の海洋観測船でも海の上空を観測しています。石川県輪島市で高層気象観測をおこなっています。

関連記事
あわせて読みたい