「幅広い年代をきれいにしたい」と話すUターン開業した辻里美さん=福井県南越前町湯尾

 福井県南越前町出身の女性美容師がUターンし、同町湯尾の元美容室の空き店舗で店を開いた。周辺には美容室が少なく、車を運転できない中高生やお年寄りからも重宝されている。高齢者宅への訪問美容も視野に「幅広い年代をきれいにしたい」と目を輝かせる。

 女性は同町の辻里美さん(39)。大阪市内の美容専門学校を卒業後、同市内の美容室に勤め、ことし3月にUターンした。町の起業支援と空き家改修支援を受け、国道365号に面する空き店舗を改修。4月8日に美容室「Lien(リアン)」をオープンした。Lienは仏語で「絆」の意味で、店を通した出会いの縁を大切にしたいとの思いを込めた。

 店内は2席あるが、同じ時間帯に応対する客は基本1人。子育て世代が乳幼児の泣き声を気兼ねせずに済み、年配の利用客からは「近くにできてよかった」という声が聞かれるという。髪を切るのに越前市まで行っていた中高生が自転車で来店することもある。

 将来的には保健所などに確認した上で高齢者宅に赴いて髪を切る「訪問美容」も考えている。おしゃれ好きだった祖母が施設に入り、寝たきりで思い通りの髪形にできなくなった姿を、複雑な気持ちで見ていたという。

 「女性はいくつになっても容姿が気になるはずで、いろいろな年代のお客さんが身近に感じ、相談しやすい美容室になれば」。オープンから1カ月半たち「地域に溶け込んでいきたい」とますます意欲を燃やしている。

 毎週月曜と第2、第3火曜は定休。問い合わせは同店=電話0778(45)0226。

関連記事
あわせて読みたい