明治のスナック菓子「カール チーズあじ」

 明治は25日、登場から半世紀近くがたつスナック菓子「カール」の販売を、福井県などの中部地方以東で8月生産分を最後に終了すると発表した。9月に店頭から消える見通し。ほのぼのとした「カールおじさん」のキャラクターで親しまれたが、近年はポテトチップスなどの人気に押され低迷していた。京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県より以西では「チーズあじ」「うすあじ」の2品に絞って販売を続ける。

 カールはトウモロコシを主原料に1968年発売し、農作業着のおじさんキャラに加え、三橋美智也さん、和田アキ子さんら大物歌手のCMソングで家庭に浸透した。ただ、90年代に190億円前後あった年間の売り上げはジャガイモ系の菓子の伸びに阻まれ、2015年度は60億円ほどまで減っていた。

 全国での販売終了も検討したが「当社を代表する歴史ある商品」(明治)である重みを考え、ブランド消滅は避けることにした。東西で売り上げに大差はないものの、西日本の方が生産、物流の効率が良いという。関西以西も「カレーあじ」「大人の贅沢カール」などの販売はやめる。

 カールの生産拠点は全国に5カ所ある。9月以降はグループ会社、四国明治の松山工場(松山市)だけで製造する

関連記事