いよいよスノースポーツの世界が始まりましたねー。今回は私流ですが、らくらくスキー術を動画も交えてお伝えしたいと思います。

最近カービングスキーの普及でターンが楽にできるようになってきていて、切れるスキーに重点が置かれているようです。私も時々まねをしてみますが、けっこう体力も使いますし、スピードも出てきます。私流の、らくらくスキー術では切れる事なんかは一切考えません。

「いかににずらすか!」がテーマです。いかににずらして楽しむか、楽をするか・・・。体力の消耗を抑えて一日中楽しく滑ってみましょう。上手な人も、初心者の方やお子さんたちも、楽で楽しいスキーをしてみましょう。

【滑る前にしっかり準備運動!】

どんなスポーツでも、まずは安全第一。準備運動は怠りなくやりましょう。

膝、肩、手首などの関節をほぐし、やわらかくしましょう。アキレス腱もしっかり伸ばして体をリラックスさせます。準備運動したからって、いきなり急斜面? いけません! 緩斜面でのんびりのんびり準備運動の続きです。 

スキーを少し「ハの字」に開いて滑り出したら、上体を左右にひねってみましょう。アラ!スキーの方向が変わってきますね~。上体のねじれがスキーまで伝わって、方向が変わっていったのです。最初はスキーの方向が少し変わったら反対方向にねじってみてください。徐々に深く回っていきます。緩斜面で練習してみましょう。

また、体は全体リラックスムード。肩や手首に力を入れないことが肝心です。ストックなんかは、ずるずる引きずるぐらいがいい感じかな。スキーもぴったりと脚をくっつけなくても大丈夫。少し両足を開いてリラックスしましょう。

※準備運動の動画はコチラ!

【楽に滑れる! ずらしのコツ】

次のずらしは真下に向かってのずらし。両手を谷側(斜面の低いほう)に向けてスキーを真下に向かってずらしていきます。このずらしをマスターすれば、ほとんどの斜面は克服できます。特に急斜面のこぶ斜面に迷い込んだときなどに威力を発揮してくれますよ。

もうひとつのポイントは、いつもスキーの真ん中に乗っているように努力しましょう。私はいつも頭の中で真ん中真ん中と考えながら滑っています。

※ずらしのコツの動画はコチラ!

【こぶ斜面の克服方法】

その1 最初は大きくターンしよう。ターンのきっかけがつかみやすい所までスキーを滑らせていきます。このときにスピードコントロールも心がけてずらしていきます。

その2 ターンのきっかけはなるべくこぶの頭でしよう! スキーがまわしやすい所できっかけをつかみましょう。

その3 こぶの谷間に出会ったら スキーが止まる谷底までスキーをずらして落ちていきましょう。このときスキーだけ先に落ちるのでなく、体も一緒についていく事が大切です。スキーが止まったらおもむろに次のターンを始めると良いでしょう。

※ずらしのコツの動画はコチラ!

(動画をご覧になるには、Microsoft Windows Media Player が必要です)