あわら市金津中と友好関係にある米国ユージン学園ケリーミドルスクールの一行が二十五日、同中を訪れた。二日まで市内の生徒宅にホームステイし、授業や部活動を通じ交流をはぐくむ。

 同スクールはオレゴン州ユージン市にあり、生徒数は約五百二十人。日本語を第二外国語とし、毎日一時間半、授業を行っている。二つの学校は九年前から交流している。

 今回訪れた一行は十三、十四歳の生徒九人と引率教諭二人の計十一人。東京観光した後、この日あわら市に入った。生徒会主催の歓迎集会があり、米国の生徒一人一人が「少し日本語ができるから話し掛けてください。ゆっくりお願いします」などと流ちょうな日本語で自己紹介。生徒会長があいさつし「私たちと楽しい思い出をたくさんつくりましょう」と歓迎した。