食前酒〔アペリティフ〕は食前に飲まれる酒。食欲を促す役目をする。アペリティフの語源はラテン語のアペリーレにあり、これは「開始する」の意で、食前に飲むことによって生理的には胃を刺激し、胃液の分泌を促し、食欲を増進させ、消化も促進させることになる。したがって、食前酒に要求される条件は酸味や苦味を含んだもの、甘味がほどよく抑えられているもの、アルコール分が比較的低いもの、などである。〔社団法人 日本ソムリエ協会発行 日本ソムリエ協会教本より〕

これって覚えたな~と思う方もいらっしゃるでしょう。ソムリエやワイン・アドバイザー受験のテキストから抜粋しました。多くのワイン本もここから出発していると思います。

どのワイン本も大体、テキストと同じような食前酒が出てくるからです。曰く、辛口のシャンパン。シャンパンで作るカクテルの代表であるミモザ。これは花の色から来た連想。オレンジジュースで割ります。黒スグリのリキュールを割ったキール・ロワイヤル。スペインのシェリーやポルトガルのドライポート。それからワインに香草や薬草を漬け込んだヴェルモット。これはイタリアとフランスが主に作っています。

マニアックなところでは野生リンドウの根っこで作るリキュールのスーズなんていうのも出てきます。私は結構スーズ好きなのですが、ボトル1本は多い。代わりに風邪でもないのに葛根湯を飲んだりもします。大概、こういうものが出てきます。〔葛根湯は出てきません〕

でも何か忘れていませんか?苦味があって、甘味がなく、アルコール度数の低いもの。どこへ行ってもとりあえず頼んでしまうもの。そうビールです。

全てを兼ね備えた完璧な食前酒はビールなのです。ところがおしゃれなレストランでは置いていないところもあるようです。フレンチやイタリアンで日本のビールが合わないのならその国のビールを揃えれば良いと思いますが・・・。

私の食前酒は何と言ってもビール。「ビールを飲む」と言うと驚かれるのですが、食事に出かけた時でも自宅でも初めからワインは飲みません。お気に入りは星のマークが付いたもの。もっと言うと自宅で飲んでいるのは第3のビールです。酒税対策で各メーカーが努力して作り上げた発泡酒や第3のビール。発売当初はビールのにせもの感がそこはかとなく漂っていましたが、現在はビールに比べても遜色がありません。

但し、会社で主催しているワイン会ではビールはお出ししませんからね。収拾が付かなくなりますから。実は毎回、ワイン会の食前酒を考えるのも一苦労。まあ、定説に則りリキュールをスパークリングワインで割ったり、辛口のシャンパンやイタリアのプロセッコなどをご用意しています。苦肉の策で梅酒を使って「プラウメ・トロプヒェン」〔梅の雫〕とか柿のリキュールを使って「里の秋」、杏露酒で「チャイナ・ドール」などと適当に新しいカクテルを造るのも楽しみの一つです。次は葛根湯を使ってスーズの向こうを張って「ズルズル」。鼻水からの連想です。きたないなー、もぉー。

次はブラインド・ティスティング

【しりとりワード!】

ヴィーノ→ノン・ヴィンテージ→淑女のため息→キアンティ→田舎方式→キャヴィア→アペリティフ次回はブラインド・ティスティング