サウルコス福井―坂井フェニックス 前半23分、サウルコスの木村魁人がシュートを決め、2-0とする=21日、福井県坂井市の丸岡スポーツランド

 サッカーの北信越リーグ1部は21日、各地で第3節4試合を行い、福井県勢はサウルコス福井と坂井フェニックスが直接対決。サウルコスが6―1で大勝し開幕3連勝を飾った。

 サウルコスは前半15分、MF山城純也、MF福田航太とつなぎ、パスを受けたFW松尾篤が強烈な先制弾。その8分後、MF木村魁人、終了間際にFW山田雄太が加点した。後半も試合を優位に進め松尾、山田、途中交代のFW石塚功志がそれぞれゴールを奪った。一方、坂井は後半23分にサウルコスのオウンゴールで得点したにとどまり今季初黒星を喫した。

 次節は28日、サウルコス福井は敦賀市総合運動公園陸上競技場で富山新庄クラブと、坂井フェニックスは坂井市の丸岡スポーツランドでアルティスタ東御(長野)と対戦する。

関連記事
あわせて読みたい