古民家を舞台に多彩な服が披露されたショー=20日、福井県鯖江市

 古民家を舞台にしたファッションショーが20日、鯖江市東清水町で開かれた。県内外から約200人が訪れ、風情あふれる日本家屋の中で披露される多彩なファッションを楽しんだ。

 オリジナルブランド「Viruxiny(ヴィルクシニー)」を展開し、福井市中央1丁目にセレクトショップを構える、フランス出身のデザイナー、ヴィルジニー・ルフェーヴルさんが、初めて企画。友人の山岸純子さん=鯖江市=宅の趣ある造りに感銘を受け、舞台に選んだ。

 ショーでは、オリジナルブランドの新作洋服や組みひもを使ったアートを手掛ける森下寶子さん=越前市=とコラボしたアクセサリーなども披露。参加者は、ふすまに畳敷きの和室をさっそうと歩くモデルの姿に時折歓声を上げ、じっと見入っていた。

 ショーを鑑賞した近所の女性(79)は「田舎でこんなショーができるなんて驚いたし、感動した」と話してた。

関連記事
あわせて読みたい