街頭演説する東京都の小池百合子知事=20日午前、東京・有楽町

 東京都の小池百合子知事は20日、都議選(7月2日投開票)に向け、自身が特別顧問を務める「都民ファーストの会」が擁立した公認候補者と都内で街頭演説し「情報公開を徹底し東京大改革を進めていく」と訴えた。

 小池氏は既に、選挙協力を結んだ公明党候補者の応援演説に立っているが、自前で選んだ会の候補者は初めて。

 JR有楽町駅前では「都民の税金がどう使われているか知らせる都政に変える」と指摘。「議会を怒らせたら条例が通らない都政にしたのは自民党都連だ。忖度がまん延する古い政治はもうやめよう」と強調した。

 会は既に45人の公認候補者を発表している。

関連記事
あわせて読みたい