ハッサン・ロウハニ師=9日、テヘラン(AP=共同)

 【テヘラン共同】イラン大統領選は19日深夜(日本時間20日未明)に投票が締め切られ、20日、開票作業が進んだ。選管当局の中間発表によると、現職の穏健派ロウハニ大統領(68)が約1460万票を獲得、保守強硬派ライシ前検事総長(56)の約1千万票を大きく引き離した。開票率は6割を超えており、ロウハニ師の再選が濃厚な情勢となった。結果は同日中に発表される。

 選挙戦は2人による事実上の一騎打ちとなっていた。有権者数は約5640万人。

 ロウハニ師が主導した欧米との「核合意」など、対話路線の是非が問われた選挙は予想外の接戦となった。

関連記事
あわせて読みたい