桜が満開の東京・上野公園で、チアリーディングの演技を披露する台湾からの観光客=4月

 観光庁の田村明比古長官は19日の記者会見で、2017年に日本を訪れた外国人旅行者が5月13日時点の推計で1千万人を超えたと発表した。1千万人突破は5年連続で、6月上旬に突破した昨年より3週間程度早く、過去最速のペース。4月の訪日客は前年同月比23・9%増の推計257万8900人で、月間過去最多を更新した。

 今年は4月16日だったキリスト教の祭典「イースター(復活祭)」に伴う休暇や、桜の開花シーズンに合わせて日本を訪れる旅行者が多かったことなどが要因。

 前年同月比の伸び率は56・8%増の韓国など17の国や地域で2桁台を記録したが、中国は2・7%増と鈍化。

関連記事