明治大の就職キャリア支援センターで就職相談をする大学生ら=東京都千代田区

 今春、大学を卒業し、就職を希望した人の4月1日時点の就職率は昨年比0・3ポイント増の97・6%となり、統計を始めた1997年春卒から過去最高を更新した。厚生労働省と文部科学省が19日、発表した。6年連続の上昇となり、2年連続の記録更新となる。

 就職を希望する全ての高校生が対象となる文科省の調査でも就職率(3月末)は98・0%(昨年比0・3ポイント増)で7年連続の増加となった。景気回復に伴う人手不足を背景に、企業の活発な採用意欲が反映された。

関連記事