豊かな未来へ 豊かな古里再び 呼び戻そうコウノトリ

翼を広げるとゆうに2メートル、ゆっくりと翼をはばたかせ大空を舞う。地上では田んぼのフナやドジョウをついばみ、その傍らには農作業を営む人たち。人とコウノトリがともに生

 

きる日常の風景が、50年前の福井には確かにあった。地球温暖化、開発による自然の消失…生き物のすみかは急速に追いやられている。「福井の環境、このままでは危ない」。日本のコウノトリは自らが絶滅することで、私たちに警鐘を鳴らしたのではないだろうか。そんなコウノトリのメッセージを受け止め、地域の豊かな自然を取り戻そうという動きが、県内各地で生まれている。「コウノトリが生きることが出来る生態系豊かな自然を取り戻したい」豊かな福井の自然を未来の子どもたちに残し、つないでいくために―。

 

 

コウノトリとは

ロシアや中国などに生息。絶滅の危機にある。日本では乱獲や水田での農薬使用が影響して激減し、1956年に国の特別天然記念物に指定されたものの、71年に国内の野生個体群が絶滅した。85年に旧ソ連から譲り受けた6羽をもとに兵庫県豊岡市で人工繁殖を重ね、2005年に放鳥を実現。07年には国内自然界で誕生した幼鳥が46年ぶりに巣立った。

 

 

福井、兵庫のコウノトリをめぐる主な出来事

1956 国内のコウノトリ20羽に減少。国の特別天然記念物に指定
1957 3.22武生市(現越前市)矢船町に2羽が飛来し、水田に立つ電柱に営巣。兵庫県以外での営巣は大正以来の記録
5小浜市国富地区羽賀で成鳥3羽とひな3羽を確認。小浜が国内でもまれな生息地であることを専門家が指摘
1961 5.26小浜市で日本産の野生として国内最後の巣立ち
1964 5.6小浜市で日本産の野生として国内最後のふ化確認
5.10福井県鳥に指定
1965 兵庫県豊岡市で人工飼育開始
小浜市にはつがいの2羽のみに
1966 小浜市で本県最後の産卵(後日、無精卵と判明)。その後、雄1羽死ぬ。最後の雌1羽も姿を消す
1967 12.6福井県鳥をツグミに変更
1970 12.2武生市(現越前市)白山地区に飛来。後に「武生」と命名。県内では66年以来の確認。坂口地区にも10日ほど滞在
1971 2.27「武生」を保護し豊岡市に移送
4.15豊岡市で野犬に襲われた1羽が保護されるが、約1カ月後に死ぬ。この時点で野生の日本産個体群が絶滅
1985 7.27豊岡市が旧ソ連から6羽を譲り受ける
1986 豊岡市で飼育していた最後の個体死ぬ。国内種絶滅
美浜町で飛来確認
1989 豊岡市で人工ふ化に初成功
1994 「武生」の娘「紫」が誕生
1999 豊岡市に県立コウノトリの郷公園開園
2002 コウノトリの郷公園で人工飼育100羽突破。野生復帰に向けた取り組み本格化
2005 4福井市鶉地区で飛来確認。県内では19年ぶり
「武生」の娘「紫」の卵ふ化。「武生」の初孫となった
6.20「武生」死ぬ。飼育期間34年は国内最長記録
7若狭町向笠に飛来
9.24コウノトリの郷公園で人工飼育の5羽放鳥。世界初
2006 1人工飼育の1羽、高浜町沖に飛来。発信機で確認
4.14豊岡市内の人工巣塔で、自然放鳥した雌の初産卵を確認
2007 5.20放鳥コウノトリのひな誕生。国内の自然界では43年ぶり
5.30放鳥コウノトリが越前町に飛来
7.31国内自然界で誕生したコウノトリの幼鳥が46年ぶりの巣立ち
9.20「武生」の孫が初めて放鳥される。
2008 3.22放鳥コウノトリが二度目のひな誕生。
7.21放鳥コウノトリの幼鳥8羽すべてが巣立つ。
8.23巣立った幼鳥のコウノトリが奈良県で目撃される。幼鳥が兵庫県外で確認されたのは初めて。
2009 10.31「武生」の孫3羽目が放鳥される。
12.12福井市鶉地区で飛来確認。2005年以来となる。
2010 2.21小浜市国富地区に4羽飛来。
4.1越前市白山地区にコウノトリが2羽飛来。1羽は107日間同市に滞在する。
8.23コウノトリ県内放鳥で福井と兵庫の知事が合意。
12.21~コウノトリ若狭町で54日間滞在、越冬する。
2011 2.23県が兵庫県のコウノトリ学識者会議で放鳥計画表明。
8.22兵庫県が「コウノトリ野生復帰グランドデザイン」策定。
11.18文化庁が県のコウノトリ移送・飼育申請を許可。
12.10兵庫県立コウノトリの郷公園より、越前市白山地区に2羽のコウノトリが移送される。コウノトリ放鳥を目指し、県が飼育繁殖事業スタート。
2012 5.5兵庫県立コウノトリの郷(さと)公園でコウノトリ「武生」の5羽目の孫誕生。
5.15豊岡市でコウノトリ「武生」のひ孫誕生。
7越前市がコウノトリを「市の鳥」に指定
11~2013.2コウノトリ若狭町で3年連続の長期滞在、越冬する。
2013 4.22豊岡市でコウノトリ「武生」のひ孫誕生。ひ孫は計7羽となった。
5.3越前市で飼育中のコウノトリが初めての産卵
2014 3~県内各地にコウノトリの飛来が相次ぐ
4.22コウノトリ「武生」のひ孫3年連続で誕生。ひ孫は計8羽となった。
5.19越前市で飼育のコウノトリが2年連続で産卵。
6.14越前市で飼育のコウノトリが「托卵」でひなをかえす。県内でのひな誕生は50年ぶり。