男性が倒れていた現場を確認する署員=15日午後11時40分ごろ、福井県越前市

 福井県越前市内の県道で15日夜、市内の男性が頭から血を流し意識不明の状態で倒れていた事件について県警越前署は17日、過失運転致傷と道交法違反(救護義務違反)の疑いで同市の会社員の男(30)を逮捕した。男が同署に出頭した。

 逮捕容疑は15日午後9時55分ごろ、同市平和町の県道で乗用車を運転中、同市の職業不詳福岡善雄さん(72)をはね、救護措置をとらず逃走した疑い。

 現場近くに車の部品が散乱しており、同署は現場の状況から、ひき逃げとみて捜査していた。

 同署によると、福岡さんは頭の骨を折るなどし意識不明の重体。

 同署は事件発生と同じ時間帯に検問を行うなど、逃走車両の特定を急いでいた。

関連記事