上坂瑠子

 バレーボールの第14回全日本ジュニアオールスタードリームマッチは18、19日、大阪市の府民共済スーパーアリーナで行われ、女子のWINGチームで出場した福井県の上坂瑠子(うえさか・るりこ)(福井工大福井高2年)が敢闘賞に選ばれた。

 将来、日本代表やプレミアリーグなどで活躍できる選手の育成を目的に日本協会が主催。全国の高校1、2年と中学の男女各52人が選出され、4チームずつに分かれて3セットの試合を総当たりで行った。

 女子のWINGはいずれも1—2で3敗だったが、身長175センチの上坂は得意のスパイクを決め、主将としてチームを引っ張ったことが評価された。

 上坂は「(攻守に)吸収することがたくさんあった。もっと練習してジュニアの日本代表に選ばれたい」と話していた。

 福井県の籔内晃也(福井工大福井高2年)は男子のWINGチームで出場した。

関連記事
あわせて読みたい