福井県警坂井署は24日、「有料動画の閲覧履歴がある」などとするメールを送り付けられた坂井市内の40代男性が、5万円をだまし取られる被害が発生したと発表した。同署は詐欺事件とみて捜査するとともに、注意を呼び掛けている。

 同署によると22日、男性のスマートフォンにメールが届いた。指定された番号に電話すると、インターネットサイトの社員を名乗る男から「有料動画の閲覧履歴がある。代金を支払ってもらいます」と告げられたという。男性は同日、プリペイドカード式の電子マネー25万円分を購入し、男にID番号を教えた。

 男性は「手続きをすれば24万7千円が戻る」と言われ、実在する弁護士の名前をかたった別の男とも電話で話した。翌日に弁護士事務所に電話をかけ、だまされたことに気づいた。その時点で5万円分が利用されていたという。

関連記事
あわせて読みたい