櫓の上でにぎやかな左義長ばやしが繰り広げられる勝山左義長まつり=25日、福井県勝山市本町2丁目

 福井県の奥越地方に春を呼ぶ奇祭「勝山左義長まつり」が25日、同県勝山市街地で開幕した。12区の櫓(やぐら)で色鮮やかな長じゅばん姿の老若男女が次々に「浮き太鼓」を披露。おどけたしぐさや身ぶりが観客を魅了した。26日夜のフィナーレのどんど焼きまで、祭りの熱気が一帯を包む。

 同まつりは江戸時代から続き300年以上の歴史がある。年々観光客が増え、市の人口の4〜5倍に当たる10万人超が訪れる一大伝統行事に成長している。

 午後1時、上長渕区の櫓で一番太鼓が響くと、他の区でも一斉におはやしが始まった。三味線や笛のリズムに合わせて、男女や子どもたちの打ち手が踊るように太鼓をたたく浮き太鼓を披露。通りをびっしり埋め尽くした観客らは圧倒された様子で見入っていた。

 通りには名物の作り物、絵あんどんが飾られ、まつりを彩っている。26日は午前10時から子どもばやしコンクールが行われ、午後9時からのどんど焼きで締めくくる。

関連記事