26日午前11時ごろ、福井県南越前町湯尾のJR北陸線湯尾駅で、敦賀発福井行き普通列車(2両編成)が、停車位置を約300メートル行き過ぎた。列車は約9分間止まった後、そのまま出発し、同駅で列車を待っていた1人が乗車できなかった。同駅で降りる乗客はなく、乗客40人にけがはなかった。

 JR西日本金沢支社によると、20代男性運転士のブレーキ操作の遅れが原因。運転士は「考え事をしていた」と話しているという。列車をホームまで後退させなかったのは、安全確認に時間がかかり、後続の列車に影響する恐れがあったためという。ダイヤに大きな乱れはなかった。

 乗車できなかった1人は、JRが手配したタクシーを利用した。

関連記事
あわせて読みたい