商店など複数の建物を焼いた火事=28日午前6時15分ごろ、福井県越前市

 28日早朝、福井県越前市蓬莱町で店舗や住宅合わせて10棟を焼く火事があった。南越消防組合や市内の消防団から消防車両が続々と出動したが、建物が密集していることなどから消火が難航。約4時間20分後に鎮火した。全焼は5棟で、けが人はいなかった。県警などが実況見分を行ったが、出火場所や原因は特定できていない。

 同日午前5時45分ごろ、JR武生駅から約500メートル西にある総社通り商店街の建物密集地から出火。消防車両計29台、約180人で消火に当たったが、5棟を全焼したほか1棟を半焼、4棟の一部を焼いた。焼失面積は計約1480平方メートル。

 火は長屋のように連なった屋根や屋根裏を伝い、瞬く間に燃え広がった。建物の間が狭くて消防車両が入れず、消火作業は難航した。

 同商店街一帯は、総社大神宮の門前町として古くから栄え、越前市の中心的商業地区。近くの「蔵の辻」には蔵などを生かした飲食店が並び、同市の観光スポットとしても知られる。出火後の現場周辺は、消火作業を見守る大勢の住民で騒然となった。急きょ家財道具を運び出す人もいた。

 
関連記事